横山勇

横山 勇(1889年3月1日-1952年4月21日)为日本陆军军人。最终阶级为陆军中将福岛县出身。

横山勇
Yokoyama Isamu.jpg
横山勇
出生1889年3月1日
日本千叶县
逝世1952年4月21日(1952-04-21)(63岁)
日本东京都丰岛区巢鸭监狱
效命War flag of the Imperial Japanese Army.svg大日本帝国陆军
服役年份1909-1945
军衔陆军中将
统率步兵第2联队
第1师团
第4军司令官
第11军司令官
西部军司令官
第16方面军司令官兼西部军管区司令官
参与战争桂林战役常德会战衡阳战役
亲属弟 佐藤节(陆军大佐)

经历编辑

为担任过步兵第51连队[1]陆军大佐横山新治[2] 的长男,1889年(明治22年)3月1日在千叶县出生。就读过姫路中学校大阪陆军幼年学校中央幼年学校等校。1909年(明治42年)5月、陆军士官学校(21期)毕业。同年12月、任官步兵少尉担任步兵第3连队付。1915年(大正4年)12月、陆军大学校(27期)毕业。

1919年(大正8年)4月、担任过参谋本部付勤务、参谋本部员(铁道班),及陆军省军务局课员等职。1924年(大正13年)8月、昇进步兵少佐担任陆军兵器本厂付。1925年(大正14年)1月起至1927年(昭和2年)3月派驻德国。归国后、就任陆军省整备局课员。

1927年6月、借调到资源局事务官。1928年(昭和3年)8月、进级步兵中佐。1929年(昭和4年)4月、就任资源局企划部第2课长。1932年(昭和7年)4月、担任关东军司令部付,同年8月、昇进歩兵大佐

1933年(昭和8年)8月、担任整备局动员课长。之后历经步兵第2连队长、第6师团参谋长等职。1937年(昭和12年)3月、进级陆军少将,派令担任兵器本厂付(资源局企划部长)。历任企划院总务部长、同院第1部长。1939年(昭和14年)8月、进升陆军中将,担任东部防卫司令部付。同年9月、派令担任第1师团长,前往满洲赴任。1941年(昭和16年)10月、担任第4军司令官,迎接太平洋战争

1942年(昭和17年)12月、担任第11军司令官,指挥桂林战役、彻底严格执行命令。

1943年(昭和18年)年11月指挥常德会战违反《日内瓦公约》使用生化武器,败退时焚城并屠杀平民及俘虏、军纪荡然无存。

1944年6月22日-8月8日、指挥衡阳战役,中国称为“衡阳保卫战”。

1944年(昭和19年)11月、担任西部军司令官、第16方面军司令官兼西部军管区司令官在福冈迎接终战。

1945年(昭和20年)10月、编入预备役

1946年(昭和21年)7月、因九州大学生体解剖事件油山事件担负责任遭占领军逮捕。1948年(昭和23年)8月、被军事法庭判决绞首刑。1950年(昭和25年)7月、再审减刑为禁锢刑。1952年(昭和27年)4月21日、在巢鸭监狱病死,享年63岁。

亲族编辑

  • 弟 佐藤节(陆军大佐/"横山勇"的弟弟继承祖母的姓氏故姓"佐藤")

注释编辑

  1. ^ ‘続 现代史资料 (4) 陆军 畑俊六日志’(みすず书房)536页
  2. ^ 横山新治は同郷の幼年学校生徒の学费の世话をしていた。生徒の祖母が横山家の出身であったが、生徒は父を失っていたのである。この生徒は后に元帅陆军大将に进んだ畑俊六である。

参考文献编辑

  • 梅谷芳光‘忠鉴 畑元帅’国风会本部、1964年。
  • 秦郁彦编‘日本陆海军総合事典’第2版、东京大学出版会、2005年。
  • 福川秀树‘日本陆军将官辞典’芙蓉书房出版、2001年。
  • 外山操编‘陆海军将官人事総覧 陆军篇’芙蓉书房出版、1981年。
  • 财団法人 稚松会名簿’、1937年12月発行。